「CREATE A T-SHIRTS」 タイトル画像

オリジナルTシャツのことならお任せ!「CREATE A T-SHIRTS」

 
「CREATE A T-SHIRTS」  TOP画像

夏の定番ファッションアイテムであるTシャツは、老「CREATE A T-SHIRTS」  上手な選び方若男女問わず一番身近な存在なアイテムの一つです。シンプルなのに、ファッション性が高い半袖Tシャツは、元々は下着として着用されていました。また、日本では1970年頃にTシャツが広まりました。それまでは、Tシャツのままで外出するのは恥ずかしい行為と思われていましたが、 それを逆手に取った反体制的な雰囲気が当時の若者たちの間で大いにうけて、大ブレイクしました。ソレと同時にオリジナルTシャツも流行。わざと破ってラフさを出したオリジナルTシャツや、CGでイラストを作り、それを印刷したもの。また、有名画家の作品などをパロったオリジナルTシャツなどさまざまな商品が登場しました。春夏は、Tシャツ1枚でも大きなファッションポイントとなり、 秋冬でもジャケットの下に、ブルゾン、コートの下にと、インナーウェアとしても、現在のコーディネートに必要不可欠な存在です。 長袖Tシャツと合わせて重ね着しても非常にスタイリッシュにまとまります。
Tシャツのラフさはミリタリーファッションにも共通している部分があります。USファッションの特徴をもちつつ楽に着こなせるので通販サイトでミリタリー服を探しているといい感じのカーゴパンツなどでてきます。Tシャツとの定番のコーディネートですね。
Tシャツは、着る人を選ばず、そしてデザインやサイズによって誰でも簡単に着こなせる最高のファッションアイテムなのです。

Tシャツには沢山の種類があります。素材で選んだり、値段で選んだり、色で選んだり、形で選んだりと、人それぞれの好みにより、または使用する用途などによってどのTシャツが適しているかが多少変わってきます。

意外と侮れないポイントなのがTシャツの素材選びです。特に夏場にはTシャツ一枚で過ごすことも多くありますから何着も気に入ったものを持っておきたいですよね。それだけにいろいろなデザインや色のものから探し出すのも一苦労。でもTシャツ選びの時に特に気をつけておきたいのが素材です。どんなにお気に入りのオリジナルTシャツを作っても、薄手の素材ではあっという間にヨレヨレになってしまいます。Tシャツは素材が命です。しっかりとした長く着れる生地のものを選びましょう。

Tシャツのサイズ表記
日本では、一般的にはJIS規格に「乳幼児用衣料」、「少年用衣料」、「少女用衣料」、「成人男子用衣料」、「成人女子用衣料」など、 それぞれの規格が設けられていますが、サイズがSでもメーカーによっては、着丈や身幅が異なります。 自分自身の体型(身長、肩幅、バスト、ウエスト、身幅など)をしっかりとわかっていると自分に合ったTシャツも幾分探しやすくなるでしょう。

また、全世界で今一番売れているANVIL(アンビル)の6.1ozヘビーウェイトTシャツのサイズSは、身幅が46cm、着丈が67cmなのに対して、今 日本国内で一番の売れ筋のPrint Star(プリントスター)の5.6ozヘビーウェイトTシャツのサイズSは、身幅49cm、着丈66cmです。
2つの半袖Tシャツを比べた際に、身幅が3cmも違っています。ゆったりと着こなすかピッタリと着こなすか、自分のスタイルに合わせて選ぶと、より洗練された雰囲気を出すことができます。 また、着丈に関しては1cmの差しかありませんが、この1cmでオシャレなベルトやバックルがチラチラと見え隠れしたりと、自分の身長や体型に合わせて選ぶことが 重要なファッションポイントになると思いますよ。

 

「CREATE A T-SHIRTS」 ooter
Copyright -CREATE A T-SHIRTS  - All Rights Reserved